ドラマや映画(以前は、活動写真と呼ねれていました)のワンシーンで、交差点を行き交う人々やコンビニエンスストアでショッピングをするお客さんなどが出てくる場面を繭りかえし目にしたことがあるんです。あれはご存知のとおり、エキストラと言う人達が行っていますよ。勿論、芸能事務ところに所属されている俳優さんもいらっしゃいますが、私達素人でもエキストラとしてドラマや映画(フィクションとノンフィクション、洋画と邦画に分けることができます)のワンシーンに登場行うことができます。ドラマや映画(フィクションとノンフィクション、洋画と邦画に分けることができます)のワンシーンに登場するには、エキストラのアルバイトに登録する必要があります。ドラマや映画(以前は、活動写真と呼ねれていました)の撮影現場がどのような雰囲気なのか味わいたい方や学生や主婦の方など、自分で自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)に使用できる時間が多くある方にはおすすめのアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)と言われているものです。エキストラのバイトは、決められた作業をする訳でもないため、ただひたすら撮影時間まで待っていると言うことが多いようですよ。その待ち時間を埋めるために、雑誌や本、ゲームなどを持参される人も多くいらっしゃいます。当然、このアルバイトにはデメリットもあって、拘束時間が長いこと、何時間拘束されるか毎回わからないこともデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)んですね。実際にエキストラのバイトを体験したケースもあるでしょうが、撮影現場までの交通費が自腹なことがほとんどです。あまりにも遠い場所だと、交通費だけでその日のアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)代が消えてしまうなんてこともあるみたいです。通常のアルバイトと違って、日頃は見る事のできない芸能人などを間近で見ることができるのは魅力なのです。でも、拘束時間と日給が見合わないアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)であることは間違いないでしょうー